« 高校総体 地区予選の結果 | トップページ | 個人レッスンの様子 »

2009年6月 9日 (火)

個人レッスンの様子

Lesson__koma0520

シュートとパスのパフォーマンスを高めるためのトレーニングbell

 

ドリブルをしながら速く走るためのトレーニングsnail

 

バスケットに大切な「投げる能力」はだいぶ複雑です。

oneコントロール

小さいリングにボールを通過させるために。

 

two力の強弱

さまざまな距離(リングまでの)からシュートするために。

 

three体の使い方

文字通り『ぶん投げる』ことができません。すぐ近くにディフェンスがいる中で、高さ3m5cmのリングに確率良く入れるための”ボール軌道”を目指して効率的に全身を動かします。

 

fourスナップ

シュートしたボールにバックスピンをかけることを『スナップをかける』と言います。

■リングに届きやすくするためにシュートボールにかかる空気抵抗を減らす

■バックボードに当たったボール、またはリングに当たったボールを入りやすくする

この2つの目的のためにスナップをかけるわけです。

 

fiveバランス

シュートの一連の流れにボールを頭上またはその付近に構える局面があります。一瞬の選手もいれば割と長い感覚で構えている選手もいます。そのときのバランスがシュートの良し悪し、しいては成功率に強く関係します。

 

ということで、2番目に挙げた力の強弱がだいぶ向上してきましたhappy01

例えば近くにいる相手にバスケットボールを投げた後に、テニスボールを投げる。
小さくて軽いテニスボールになると必要以上に遠くに投げてしまう子がいます。それは重さが極端に違うものをどの程度の力で投げ分けていいか感覚的につかめないためです。

みんな最初はその状態でしたが今は随分とよくなりましたup

一歩ずつ一歩ずつ前進していますwinkgood

 

PHYSICAL & BASKETBALL LESSON

http://www.itan-coach.com

|

« 高校総体 地区予選の結果 | トップページ | 個人レッスンの様子 »

レッスン(個人)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1071605/29739399

この記事へのトラックバック一覧です: 個人レッスンの様子:

« 高校総体 地区予選の結果 | トップページ | 個人レッスンの様子 »