« 必見!オークション! | トップページ | 中学総体 2日目の結果 »

2009年7月28日 (火)

チームレッスンの様子

Dscf2064_4

守谷で活動する松ヶ丘女子ミニバスケットボールチームでチームレッスンを行いましたbleah

ケガの予防を徹底したいという依頼をいただき、子どもたちに2時間のレッスンを受けてもらいました。

フィジカル、バスケットそしてコンディショニングの3本柱でプログラムを組んだ松ヶ丘ミニバス専用プログラムは、まずは動的ストレッチングからスタートsign01

 

Dscf2055

4種類のドリルを行いましたが、いやいやなかなか柔軟性が高い子どもたちで、ちょっと物足りなかったかもしれませんねcoldsweats01

辛うじて最後のドリルだけ驚いた様子でやってました。笑

大きい子たちは今のままじゃダメbearing プレー中の姿勢が自然と変わってくるように、柔軟性を高めると同時にもっともっと股関節を曲げる訓練を続けよう。

 

Dscf2056

「止まる」がしっかりできない選手は故障しやすい。ということでピボットの練習をしました。

動き始めと動き終わりで大切な技術がピボットです。

このピボットの良し悪しで選手の熟練度も伝わってくるのではないでしょうか。

ドリブル、パス、シュートという異なったプレーをなめらかにつなげるのに欠かせない技術なので、まさに"潤滑油"的な役割を持ちます。

今回はケガの予防がメインテーマなので、テーマに沿ったポイントを練習しましたscissors

 

Dscf2059

さぁ、パワーポジションを身につけるために練習cherry

おっとっと、かなりもたれかかっちゃってるねsweat01

 

Dscf2060  Dscf2061_2

3種類のドリルで感覚的なヒントをつかみます。

そして最後にレシーブのドリルでパワーポジションで止まる練習をしましたup

 

どのチーム、どの選手にも伝えてたいことですが、レッスンでやったドリル(What)よりも、どんなふうに練習すべきが(How)がずれない忘れないことが何より大事です。

今回最後にやったパワーポジションからのシュート練習も、良いパワーポジションからシュートすることが最優先の目的で、シュートを決めることが最優先ではありませんeye

自分のフォームに気を配るあまり、リズムが悪くなってしまう子も何人かいましたが、それはむしろ褒めてあげたいことですsmile

10月から全ミニの予選が始まるようなので、それまでにもう数回レッスンしたいと思いましたbasketball

 

松ヶ丘女子ミニバスの子どもたち、宮川コーチそして保護者の皆様ありがとうございましたsign03happy01

 

PHYSICAL & BASKETBALL LESSON

http://www.itan-coach.com

|

« 必見!オークション! | トップページ | 中学総体 2日目の結果 »

レッスン(チーム)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1071605/30708885

この記事へのトラックバック一覧です: チームレッスンの様子:

« 必見!オークション! | トップページ | 中学総体 2日目の結果 »