« できなかったことを可能にするには | トップページ | 3つの○○シップ »

2010年4月26日 (月)

緊張のほぐし方

手のひらに3回「人」という字を書いて飲み込む。

これは昔っから言われていることですねhappy01

 

周りの人をじゃがいもやかぼちゃだと思い込む。

これはなかなか難しいでしょうか。笑

 

結果を意識しない。

目的(点を取る、失敗しないなど)は考えず目標(ボールをもらったらピボットをしてプレーを選ぶなど)に向けてやろうとすることが日本人に合っているという意見があります。

 

誰かにお尻を思いっきり蹴ってもらう。

スラムダンクの名シーンshine 詳しくは湘北vs陵南の練習試合編を見てくださいhappy02

 

自分を実況中継する。

体育館に入る時は「お~っと○○選手の入場だぁーーー!」と自分の頭の中でこてこての実況中継を繰り返すsmile たしか柔道の谷選手が話していたような。

 

個人的には一番最後がおすすめですflair

 

PHYSICAL & BASKTBALL LESSON

http://www.itan-coach.com

|

« できなかったことを可能にするには | トップページ | 3つの○○シップ »

Ⅰ つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちはーー^^

私も最後に食いついたっ!!笑

体育館に入るとき、うちの子たちは元気に挨拶をするようになりましたが、まさに想像力、自己表現力ですねgood。次の練習のときに早速言わなきゃ^^

投稿: きはた | 2010年4月26日 (月) 19時46分

きはたさん、コメントありがとうございますnotes

食いついていただけましたか!笑
実況中継をするって、気持ちに余裕がないと難しいんですよね。
実は集中していない…ってオチもあったりして。。。

挨拶って、すごく短い自己紹介だと思うんです。
「こんにちは」「お願いします」の一言にその人の内面が意外と出る、と感じます。

合宿やるときはまたレッスンをやらせてくださいねhappy01

投稿: イタン | 2010年4月28日 (水) 02時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1071605/34396323

この記事へのトラックバック一覧です: 緊張のほぐし方:

« できなかったことを可能にするには | トップページ | 3つの○○シップ »