« 男子日本代表の展望 | トップページ | 天気がいいとしたいこと »

2010年5月 7日 (金)

1000本ノックで下手になる

「量」を求める練習には弊害がつきまとう。

元読売巨人投手の桑田氏が日本野球界のさらなる発展のためにこう提言されているのをテレビで見ました。

高校野球の平日練習時間の平均は4.5時間だと話す桑田氏。さらに桑田氏が作成した論文レポートによると休日は平均7.3時間にも及ぶという。

本来野球は10代で終わるスポーツではない。しかしオーバーワークによって故障する選手が後を絶たない高校野球界。練習平均時間別で故障率がかなり変わってくるという。

また、人間の成長のためには若い時期はいろんな経験をするほうがよいと語っていた桑田氏。

全く同感です。小さいうち(12歳未満)から野球しかできない、バスケットしかできない環境に身をおくことはとても抵抗があります。

 

今後桑田氏の発言力の影響力が大きくなると信じ、野球界も子どもたちの環境改善が進むことを期待しています。

 

PHYSICAL & BASKETBALL LESSON

http://www.itan-coach.com

|

« 男子日本代表の展望 | トップページ | 天気がいいとしたいこと »

Ⅰ つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1071605/34492356

この記事へのトラックバック一覧です: 1000本ノックで下手になる:

« 男子日本代表の展望 | トップページ | 天気がいいとしたいこと »