« 天気がいいとしたいこと | トップページ | Jリーグに驚き »

2010年5月 9日 (日)

記憶力と表現力

指導というひとくくりの言葉を2つに分けてみました。

1つは教える指導。もう1つは引き出す指導。

 

記憶力は教える指導を受けることで伸びる。

表現力は引き出す指導を受けることで伸びる。

 

私がなぜそう思うか。 

教える指導とは知識や課題に対する答えを示す。

引き出す指導とは考えさせる機会や自分の行いを振り返らせる機会、相手の立場に立たせる機会を生み出し、自分で出した結論に従ってアクションを起こしなさいと促す。

これが私が思う両者の定義だからです。

 

私が中心にしていきたいのは引き出す指導です。つまり子どもの表現力を伸ばしていきたい。バスケットは本当に最適なツールだと思います。

 

PHYSICAL & BASKETBALL LESSON

http://www.itan-coach.com

|

« 天気がいいとしたいこと | トップページ | Jリーグに驚き »

Ⅰ つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1071605/34447645

この記事へのトラックバック一覧です: 記憶力と表現力:

« 天気がいいとしたいこと | トップページ | Jリーグに驚き »