« VOICE | トップページ | 気分転換 »

2010年7月16日 (金)

日本代表強化試合(7/7開催) その3

Fest2010_top_img_5  

熊本が熱い!!

リンク栃木ブレックスvsバンクーバーボルケーノーズ(IBL)

 

 

 

 

【オフェンスの感想・疑問・要望】

・中国のしつこいディナイでエースの存在感なし。

まず声を大にして言いたいのは、川村選手はECBAのジェイソン・バスケットコーチの指導を受けるべき。
#21(196cm)と#15(200cm)のディナイになす術無し。#21なんて18歳の選手だ。川村選手は登録で193cm。川村選手には、スリーとわかっていても止められないシューターになってほしいし、アウトサイドシュートしかしないシューターにはなってほしくない。アルゼンチンのジノビリのようになってほしい。だから日本のエースにこんなとこで立ち往生してもらっては困る。
そして最後にもう一度、川村選手はECBAのジェイソン・バスケットコーチの指導を受けるべき。

・ペイント内でのフィニッシュが国際大会レベルじゃない。

開始早々、ブレイクからゴール下レイアップを豪快にブロックされた。セカンドブレイクから満原選手(東海大学3年198cm)のシュートもブロック。ゴール下からジャンプシュートが通用するのは国内だけ。いいかげん感覚をバージョンアップしてもらいたい。
日本代表の長年の課題。

 

・ボールマンが正直すぎる。

パスを探してパスをする。ドライブを狙ってドライブする。相手が「そうくるだろうな」と思っている選択肢をまんまとやると攻めれない。
これも日本代表の長年の課題。

 

PHYSICAL & BASKETBALL LESSON

http://www.itan-coach.com

|

« VOICE | トップページ | 気分転換 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1071605/35680431

この記事へのトラックバック一覧です: 日本代表強化試合(7/7開催) その3:

« VOICE | トップページ | 気分転換 »