« ジェイソンクリニック最終日 | トップページ | ついに出た »

2010年8月30日 (月)

バスケット×熊本×アメリカ

2158376_566185302_128large_2 
連日、ジェイソンからスキルとコンタクトを融合された指導を受ける子供たちは汗をガンガンにかきながら、コーチ陣の年齢からくる疲労(笑)をよそにハツラツとバスケットをしていました。


場に戸惑い、初めて会う子ばかりに戸惑い、アメリカ人コーチに戸惑い、経験したことのないメニューに戸惑い、激しく向かってくる高校生のプレーに戸惑い、しかし戸惑いの数が成長する機会の数に。


なぜならそれは、挑戦することに意味があるとみんなが思っているから。


ダメ出しやネガティブな言葉・思考はなく、勝敗を優先する環境ではないから。


事実、子供たちは成長しました。
アメリカ人のプロフェッショナルコーチからも「GOOD!!」「イーヨー!」と日が経つごとに褒められる回数も増えました。


こんな環境で伸び伸びとバスケットをさせてあげることができたら最高です。


See you Jasen!

|

« ジェイソンクリニック最終日 | トップページ | ついに出た »

Ⅱ ジャパンバスケットボールアカデミー」カテゴリの記事

ミニバス」カテゴリの記事

中学バスケ」カテゴリの記事

コメント

大変、大変お世話になりました。またほんとうに誘っていただき、ありがとうございました!!

バスケットでいろいろな人に触れ、学ぶことができる、しかもすばらしい環境で。ほんとうに理想です。2人は本当に幸せだと思いました。

バスケに限らず、いろいろなことに「挑戦」してほしいものです!・・・・ってことですよね!^^野菜たべろーーーー勉強せーーーーいhappy02

月曜日から学校でした^^日曜日は夜中に家についたものの、寝付かれなかったといい、月曜日はねむーーいwwと起きてきました。

みんなに手紙をかくぞ!!とはりきってます^^

今度はまたレッスンで^^ありがとうございました。

投稿: kihata | 2010年8月31日 (火) 14時47分

kihataさん、コメントありがとうございますspa

今回の参加は、それぞれの保護者の協力と理解があって初めて実現できたことです。熊本の保護者も全員をわが子のように接してくれました。
「次はうちに一泊してね!」と言ってくださる保護者の方々…weep本当に感謝感謝です。

やっぱり、子どもが育つ『環境』はコーチだけで作るものではなく、親だけで作るものでもなく、みんなで創るもの。改めて感じます。

なんか、全国に友達ができるっていいですよね~happy01
出逢いに感謝!

投稿: イタン | 2010年9月 1日 (水) 18時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1071605/36447532

この記事へのトラックバック一覧です: バスケット×熊本×アメリカ:

» Twitter Trackbacks []
[続きを読む]

受信: 2010年8月31日 (火) 09時10分

« ジェイソンクリニック最終日 | トップページ | ついに出た »