« ダ○○○○トスイカとインターハイ | トップページ | 暑い夏 »

2010年8月 3日 (火)

個性

Dvc00001_3

人には性格の個性があり、同様に運動をとらえる感覚にも個性があるのだと思います。

「運動をとらえる感覚」とは力の強弱の感覚、時間経過の感覚、 空間定位の感覚、関節の曲げ伸ばしの感覚などです。

同じお手本(指導書や動画や目の前での実技)を参考にして10人の選手が動いてみます。

すると、個性でかみ砕かれたお手本はさまざまな形となって表現されます。

 

お手本となる技術は同じなのに、個性でかみ砕かれるためにひとりひとりの技能がバラける。

ここに性格の個性が加わるから個人差が生まれることは仕方のないことなんでしょう。

 

世の中に出回っているあらゆる技術指導書(書籍やDVD)に、この個性を考慮したアドバイスが含まれたものがいくつあるのか。

コーチングショップのレッスンでは個性をふまえた指導をしております。

 

 

 

熊本が熱い!!リンク栃木ブレックスvsバンクーバーボルケーノーズ(IBL)

Fest2010_top_img_2

 

PHYSICAL & BASKETBALL LESSON

http://www.itan-coach.com

|

« ダ○○○○トスイカとインターハイ | トップページ | 暑い夏 »

Ⅰ つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1071605/36001653

この記事へのトラックバック一覧です: 個性:

« ダ○○○○トスイカとインターハイ | トップページ | 暑い夏 »