« bjリーグのチーム数 | トップページ | 熊本を振り返る »

2010年9月 2日 (木)

ジェイソン・バスケット氏

Dscf3319
ジェイソン・バスケット氏(最後尾の中央)とJBAスクール生&JBAコーチたち

 

ジェイソンコーチは少年時代に父親のすすめで武道と出会い、弱かった自分を克服できたと話してくれました。

また武道のおかげでバスケットもレベルアップでき、今の指導のルーツにもなっています。

SPU(シアトル・パシフィック・ユニバーシティ)のシューターとしてプレーしていたジェイソンコーチは膝の故障でプレーを断念せざるを得ず、コーチとしての1歩を踏み始めました。

ボランティアのつもりで子どもに指導したときに、100ドルを渡され驚き理由を聞いたジェイソンコーチはこう言われたそうです。

「こんなすばらしい指導なら100ドルの価値が十分ある」

 

その後数名の指導から始まり、数百名のスクール生を持つECBA(エメラルドシティバスケットボールアカデミー)となったのです。

ある時は突然「私の教え子全員をあなたに預けるからオフシーズンに面倒を見て欲しい」と言われたこともあるとか。

 

 

数々のNCAAディビジョン1の選手を育て上げ、中国や韓国代表チームからも一目置かれ、レブロン・ジェームズへ指導もおこなったこともある大物コーチジェイソンのすばらしいところは、大物ぶらないところである。

私が一番驚かされたのは、

助手席に乗ったジェイソンが、後部座席に乗った私を気遣って自分のシートを引いたこと。

185cm100kgはありそうなジェイソンが、後ろの人間を思いやってくれるんですcryingcryingcrying
一生懸命指導してくれて膝の状態が悪いのにも関わらず。。。

私が乗った瞬間、ちらっとこちらを見たと思ったら、よいしょよいしょとシートを引く。驚いた私は「Thank you Jasen. Don't worry.」とも言えずsad

 

そんなジェイソンコーチとの再会はそう遠くない予感がします。

 

PHYSICAL & BASKETBALL LESSON

http://www.itan-coach.com

|

« bjリーグのチーム数 | トップページ | 熊本を振り返る »

Ⅱ ジャパンバスケットボールアカデミー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1071605/36473652

この記事へのトラックバック一覧です: ジェイソン・バスケット氏:

« bjリーグのチーム数 | トップページ | 熊本を振り返る »