« 大切な食事 | トップページ | 部活動と海外旅行 »

2010年10月12日 (火)

トラベリングについて

ツイッターでトラベリングについてご質問をいただきました。

内容は、

『ピボットターンしたあとに、ピボットフットを離して片脚(フリーフット)でジャンプしてシュート』はOKですか?

というものです。

 

これ、私たちが中学生の頃はOKでしたcatface

中学のキャプテンがこれを使ったステップinシュートがとっても巧くて、バスケ始めて2年目の私がそのプレーを見る度に、

「なんであんなにスルスル行けんの!?」

とよく驚かされていましたbearing

 

で、何度も新ルールへと移行されて、今はこのプレーは9割トラベリングを取られます。

9割と答えるのも変ですが、事実そういう印象です。

 

シュートするにもパスするにも、ピボットターンをした後は足は両足同時に床から離さなければならない。と、解釈しています。

 

読者のみなさま、間違った点がありましたらご指摘お願いしますconfident

 

PHYSICAL & BASKETBALL LESSON

http://www.itan-coach.com

|

« 大切な食事 | トップページ | 部活動と海外旅行 »

Ⅰ つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いつもブログを拝見させていただいています。

シュート、パスの場合は軸足を浮かしても大丈夫です。
ただし軸足が着く前にボールを離さなければなりません。
ポストプレイからフロントターン→フェイドアウェイジャンプシュートを撃つ場合にピボットフットを離してフリーフットで撃つことがよくあると思います。

ドリブルの場合は軸足を離す前にボールを離す必要があります。

投稿: 52K | 2010年10月12日 (火) 23時03分

両足同時にならセーフですね。

ステップインは武器になりますね。

投稿: ナガタ | 2010年10月13日 (水) 00時18分

52Kさん、コメントありがとうございますsun

確かに!フェイドアウェイのときは軸足が離れます!
ご指摘ありがとうございます!

いつもブログを読んでいただきましてありがとうございますconfident

投稿: イタン | 2010年10月25日 (月) 16時26分

ナガタさん、コメントありがとうございますsun

ステップinはドリブルストップでピンチと見せかけて、フリーフットの位置やアングルによって大チャンスになるのでとても武器になるスキルですね。

投稿: イタン | 2010年10月25日 (月) 16時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1071605/37196502

この記事へのトラックバック一覧です: トラベリングについて:

« 大切な食事 | トップページ | 部活動と海外旅行 »