カテゴリー「試合結果」の記事

2011年2月 8日 (火)

2011毎日茨城杯 途中結果

先週末に男女ベスト4が出揃いました。

【2月6日の男子結果】

○江戸崎 61-49 大島●

●華川 43-63 大和○
9-16 11-14 13-15 10-18

○緑岡 74-51 笠原●

●土浦四 67-86 御所ヶ丘○

●土浦二 52-64 伊奈○

●岩間 48-62 境一○

●旭 53-78 日高○

●桃山 51-70 藤代南○

●江戸崎 58-60 大和○
5-15 20-11 12-26 21-8

●緑岡 64-102 御所ヶ丘○

●伊奈 79-81 境一○

●日高 62-73 藤代南○

 

大和中の子どもたち、頑張ってますね!
週1回のレッスンは子どもたちの運動能力と個人パフォーマンスを確実に向上させています。

しかし5対5の戦いは、「思いやり」「責任感」「勇気」が何よりも欠かせません。
それらが足りなければ、一生懸命練習して身につけた技能や知恵を出し切れず、発揮しきれずに敗れていきます。
考え抜かれたチームシステムを準備してきても、最後はコートで子どもたちの「自主性」と「協調性」の判断に委ねられます。
バスケットはそういうスポーツです。

ありがたいことに、大和中ではフィジカルコーチという立場役割でありながらこういった話をする時間を常にいただいています。

これからも大和中学校男子バスケ部を応援しますhappy01

 

PHYSICAL & BASKETBALL LESSON
http://www.itan-coach.com

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月29日 (土)

新人大会の最終結果

<準々決勝>

●つくば秀英 42-89 鹿島○

1Q 5-22
2Q 13-16
3Q 14-26
4Q 10-25

 

<5、7位決定戦>

●つくば秀英 58-101 つくば国際大○

1Q 19-22
2Q 17-27
3Q 7-30
4Q 15-22

 

新人大会はベスト8という結果です。

今大会で感じたことは、『見る>考える>動く』です。

オフェンスに変わった直後のフロントコートへの移動で、レシーバーがパッサーを見ていないケースが多々ありました。またディフェンス面での『見る』という1点が特に雑だったように感じます。

オフェンスのアクションを見逃していれば、当然、リ・アクションは生まれません。すると相手チームのeasy shotが増えます。少ないストレスで得点できればその後のディフェンスにも影響が生まれます。

 

選手は一生懸命見ていたことでしょう。しかし最初に決めた1つしか見ていないとなるとバスケットは戦えません。そしてバスケットは早く動くモノを見続けるのでなく、見る対象を激しく変えるほうが良いパフォーマンスにつながります。

 

目配り、気配りとは良く言いますが、コート上で「これのみやっていれば大丈夫」という気構え、心構えは正さなければなりません。

すると、部活動での普段の雑用や日常生活がいかに大切かが見えてきます。

 

PHYSICAL & BASKETBALL LESSON

http://www.itan-coach.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月19日 (水)

新人大会

日曜にチーム帯同をしました。

結果は、1点差の超接戦bearingをモノにして、この時点で女子県ベスト8です。

○つくば秀英 81-80 水戸三●

公式戦を通じてフィジカルのレベルアップを感じさせてくれるプレーが多く、easyな得点パターンが思っていた以上に増えました。加えて一試合5回以上のバスケットカウントは選手の自信に強くつながると思います。

今週土曜にベスト4決めの試合があります。
相手は鹿島高校です。

PHYSICAL & BASKETBALL LESSON
http://www.itan-coach.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 1日 (月)

中学新人大会茨城県予選の結果

【男子 準決勝】

●土浦二(南2位) 53-59 藤代南(南3位)○

●御所が丘(南1位) 69-72 江戸崎(南4位)○

 

【女子 準決勝】

●滑川(北1位) 55-89 豊里(南1位)○

●岩間(中3位) 42-49 下妻東部(西3位)○

 

【男子 決勝】

●藤代南 49-58 江戸崎○

 

【女子 決勝】

○豊里 75-41 下妻東部●

 

大和(西1位)は2回戦で土浦二に4点差で惜敗しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月17日 (日)

中学新人大会

大和中が県西予選で優勝を決めましたhappy01

県大会も応援してますwink

 

新人県大会の組み合わせが早速発表されています。

組合せ

10月28日から3日間開催されますbasketball

 

PHYSICAL & BASKETBALL LESSON

http://www.itan-coach.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月21日 (月)

高校総体の結果

昨日の準々決勝で敗戦という結果になりました。

最終結果はベスト8です。

選手のみなさん、お疲れ様でした。

保護者のみなさん、応援とご支援ありがとうございました。

新チームのこともわが身わが子のように応援していただければ嬉しいです。

 

さて、試合に向けたウォーミングアップを一から見直ししています。

バスケットの専門性、チームの課題、個人の課題、トレーニングの原則を整理しています。普段は体育館でアップできますが、公式戦ではほとんど外でアップします。広い場所ばかりではありませんのでその点も考慮していかなければいけません。

夢中と集中、これもアップで忘れることのできないテーマになりました。

新たな挑戦、がんばります。

 

PHYSICAL & BASKETBALL LESSON

http://www.itan-coach.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月19日 (水)

【高校女子】公式戦帯同してきました

関東高等学校バスケットボール大会茨城県予選にチーム帯同してきました。

■女子1回戦

つくば秀英 74 - 46 水城

1Q  11-10
2Q  26- 9
3Q  16-21
4Q  21- 6

■女子2回戦

つくば秀英 89 - 81 つくば国際大

1Q  17-24
2Q  18-21
3Q  23-21
4Q  31-15

■女子3回戦

つくば秀英 56 - 77 竜ヶ崎第二

1Q  18-26
2Q  20-17
3Q   8-19
4Q  10-16

■女子順位決定戦

つくば秀英 51 - 66 取手聖徳

1Q  10-19
2Q  16-12
3Q  18-18
4Q   7-19

 

今大会の結果はベスト8です。

2009年夏からベスト16続きでしたがひとつ壁を乗り越えてくれました。

フィジカルの課題はやはりパワーポジションが根底にあります。

しかもパワーポジションのクオリティはパフォーマンスの出来を大きく左右するだけに何よりも優先しなければならないと痛感しました。たかがパワーポジション、されどパワーポジションということです。

パワーポジションという構え・姿勢の改善を無視する、後回しにすることは「木を見て森を見ず」になってしまうのは明らかです。私の大きな反省点です。

幸いにもこれまでの取り組みのおかげで2年生と3年生はパワーポジションのそれだけの習得度合いは高いので、次のステップである「他の運動との融合」「技術との融合」に進めます。

 

PHYSICAL & BASKETBALL LESSON

http://www.itan-coach.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月27日 (火)

みんなで掴んだ全国への切符

Dscf2190_web

平成21年度全国選抜優勝大会(ウィンターカップ)
茨城県予選

男子優勝  shineつくば秀英(初)shine

 

決勝 ○つくば秀英 93 - 69 土浦日大●

1Q 18-15
2Q 22-20
3Q 20-17
4Q 33-17

 

#4 小島優希③   9pt (3P 1  2P 3  FT 0)
#5 塚田牧人③  13pt (3P 2  2P 2  FT 3)
#6 佐野隆司②  11pt (3P 1  2P 4  FT 0)
#7 園部悠太②  20pt (3P 1  2P 6  FT 5)
#8 鳩貝翔太②   8pt (3P 0  2P 4  FT 0)
#9 福田賢二③   2pt (3P 0  2P 0  FT 2)
#10 山口健斗②  25pt (3P 5  2P 4  FT 2)
#12 岡野大光③   2pt (3P 0  2P 0  FT 2)
#18 小島元基①   2pt (3P 0  2P 1  FT 0)

 

Dscf2191_web_2 試合後、取材を受ける選手たち。

 

Dscf2195_web 3年生を支える2年生たち。

 

Dscf2196_web サポートスタッフとしてチームを支える3年生たち。

 

Dscf2197_web_5 会場前でカメラを構え大喜びの保護者の方々。

 

Dscf2198_web 稲葉コーチの胴上げ。

 

Dscf2200_web 保護者とハイタッチする選手たち。

 

Dscf2201_web カメラへの反応が恐ろしく早いキャプテン小島。笑

 

Dscf2207_web みんな分かっている。賢二の偉大さ。

 

Dscf2208_web そして胴上げsign01

 

Dscf2211_web 翌日の常陽新聞。

 

 

悲願のトーナメント優勝そして全国大会出場を達成してくれましたupuphappy01happy01

このブログで何を綴ればいいのやら、これまでの思いは本当にいろいろありますが、初の決勝という舞台で、よくぞ第4Qに大暴れしてくれましたsign03

インターハイ予選では本調子とは言えなかったシュート率。夏以降、もう一度トレーニング計画を見直しました。

特に#10山口。外のフィニッシャーとして鍵をにぎるのはこの男だと感じていただけに、人三倍、この選手に適したコンディショニングを模索。

予選3日間、シュートを観察してはコンディショニングをしまたシュートを観察するという作業に一番神経を使っただけに、準決勝と決勝、要所でスリーを決めてくれた度に喜びもひとしおでした。

 

しばしの間喜びをかみしめて、ウィンターカップ本戦とその後に向けてまた準備を始めます。

 

出場するウィンターカップ2009は12月23日東京体育館にて開幕です

組合せは約1ヶ月後に決まります。

 

PHYSICAL & BASKETBALL LESSON

http://www.itan-coach.com

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月30日 (火)

高校総体 最終結果

【男子】

決勝

○常磐大 95 - 80 取手松陽●

1Q 31-19
2Q 15-24
3Q 20-21
4Q 29-16

 

準決勝

●つくば秀英 85 - 96 常磐大○

1Q 24-23
2Q 16-28
3Q 23-25
4Q 22-20

○取手松陽 83 - 65 土浦日大●

1Q 20-10
2Q 21-14
3Q 23- 8
4Q 19-33

 

 

【女子】

決勝

●明秀日立 70 - 80 土浦日大○

1Q 28-19
2Q 15-18
3Q 16-19
4Q 14-24

 

準決勝

○明秀日立 70 - 55 水戸二●

1Q 14-11
2Q 14-15
3Q 18-12
4Q 24-17

○土浦日大 78 - 62 龍ヶ崎二●

1Q 21-13
2Q 18-15
3Q 25-19
4Q 14-15

 

 

男子は常磐大、女子は土浦日大がインターハイ出場です。

茨城の代表校として全国で勇敢に戦ってきてもらいたいですsign03

 

残念ながらつくば秀英は準決勝敗退となりました。

10月のウインターカップ県予選に向けて再スタートしますpunch

 

PHYSICAL & BASKETBALL LESSON

http://www.itan-coach.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月24日 (水)

高校総体 一週目が終わりました

つくば秀英バスケットボール部の試合結果

【男子】

1回戦

○つくば秀英 77-57 清真学園●

1Q 24-14
2Q 15-14
3Q 24-12
4Q 14-17

小島(優) 16pt
小島(元) 11pt
佐野     9pt
塚田     8pt

 

2回戦

○つくば秀英 87-53 龍ヶ崎一●

1Q 28- 9
2Q 21-12
3Q 22- 4
4Q 16-28

塚田    18pt
佐野    17pt
園部    17pt
小島(優) 14pt

 

準々決勝

○つくば秀英 100-84 水戸工業●

1Q 23-15
2Q 28-20
3Q 21-24
4Q 28-25

塚田    27pt
園部    19pt
小島(優) 15pt

毎試合、課題であるチームディフェンスに難がありました。ピックアップの遅れやズレはコミュニケーション不足によるものが目立ちます。

その他修正点を準決勝に向けて1つでも多くクリアしていってほしいです。

 

 

【女子】

1回戦

○つくば秀英 77-66 土浦三●

2回戦

●つくば秀英 56-65 龍ヶ崎一○

残念ながら2回戦で敗退し、ベスト16という結果で終わりました。

3年生のがんばりは、正直これまで見たことがないほどのものでした。賭ける思いというものが、プレーとして表現されたように感じます。

 

バスケットをするだけの選手。

バスケットを通じて自己表現・意思表示する選手。

 

決して十分とは言えないですが、3年生は後者としてコートに立っていたように感じます。

個人的には、ここをスタートラインとして最後までやりきってほしいです。

新チームとして新たなスタートをきった1・2年生は、3年生のおかげで選抜予選が10月にあります。一日一時間一分を大切に競技者として厳しく練習とトレーニングを積んでください。

 

PHYSICAL & BASKETBALL LESSON

http://www.itan-coach.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)